フォームがクライアント側で検証されたら、フォームの送信は大丈夫です。前の記事では検証をカバーしたので、送信する準備はできています! POSTの場合、URLに直接記述はできません。なので、htmlファイルを作り、form要素を記述して、method属性をPOSTにします。ブラウザでそのformからサーブレットにデータを送信するという方法を使います。 HTML フォームは HTTP リクエストを宣言的に送信できます。しかし、フォームは 、例えば XMLHttpRequest のように JavaScript 経由で送信する HTTP リクエストを準備することもできます。この記事ではその方法を探ります。 The following example uses several optional HTML form fields. Q&A for Work. Definition and Usage The method attribute specifies how to send form-data (the form-data is sent to the page specified in the action attribute). GETとPOSTの違いを最低限理解することはWebサービスの開発を始めようとする初学者にとって最初の障壁の一つであると考えています。 これはあなたが実現したい機能があった時に、GETでもPOSTでもどちらでも同じことができてしまうことによるものだと思います。 本記事は、初学者を対象にGETとPOSTの違いを大まかに噛み砕いて説明する記事になります。 そしてあなたが機能を実装したい時に、ある程度適切にGETかPOSTを選べるようになることが達成したいことになります。 If the form uses POST, the form data is placed in the request body. HTML ヘルパーの代替の Html.BeginForm と Html.BeginRouteForm があります Has an HTML Helper alternative Html.BeginForm and Html.BeginRouteForm サンプル: Sample: